占い師・桜田ケイのブログです

|TOPIC | LOG | LINK | ME | MAIL | 桜田ケイYahoo!占い | ウラナイトナカイ |
#タロット博物館へ行くために
少し間が空きましたが、夏の終わりにイタリアにあるタロット博物館に行ってきました。
日本で調べてもなかなか情報が少ないので、簡単にまとめておきます。
自分はボローニャに滞在して日帰りでリオーラの博物館に行ってきました。

1.準備編
【予約をしよう】
タロット博物館の公式ページ→ のメールフォームから、いつ・何人で行きたいかメールします。
英語で大丈夫です。
今回は日程と人数を送ったところ、先方から何時に空きがあるか返信がきました。

2.移動編
【リオーラまで行こう】
(日本→イタリア(マルコポーロ国際空港)→電車移動でボローニャ)
ボローニャ駅からローカル線的な電車で1時間ぐらいです。
だいたい1時間に1本ぐらいの間隔なので、時刻表はしっかりと確認した方がいいかもしれません。
ボローニャ駅、わりと広いです。乗るホームを間違えないよう気をつけましょう。
リオーラ駅
【リオーラ駅から歩こう】
駅から徒歩10分ぐらいです。Googleの地図であらかじめ確認していたのですが、途中階段を上る箇所があります。地図だけ見てたらちょっと分かりにくいかもしれません。
同じ電車に博物館の関係者の方が乗っていたので、連れて行ってもらったので迷わず行けました。

3.博物館編
【楽しもう】
一軒家です。世界各国のタロットと、タロットモチーフのアーティスト作品が詰まっています。駅から一緒だった方がずっと解説をしてくれたので助かりました。他に来場者はいませんでした。それほど広くはないのですが、とにかく密度がすごいです。また、照明が少し暗めなので写真を撮るのが難しいかもしれません。
タロット博物館
【買おう】
ミュージアムショップ的なエリアがあります。オリジナルのタロットや各種書籍が置いてあります。どこまでが売り物なのか分からないので、欲しいと思ったら博物館の方に確認してみましょう。
本2冊とタロット1デッキ購入しました。
博物館中

4.街歩き編
【リオーラ】
のんびりとした空気に包まれています。観光名所としては、教会とお城。
教会は近代的。シンプルで美しいです。
お城は神秘的。いろいろと面白いものが見られて想像力が膨らみます。
お城は自由見学できずガイドツアーのみ。一度行って予約し駅まで戻ってまた行きました。坂道がけっこうきついので、あらかじめ予約してから行った方がよさそうです。
レストランはバカンスで開いてませんでした。教会の向かい側。
リオーラ城
【ボローニャ編】
基本的にボローニャに滞在して日帰りリオーラでした。
ボローニャ、旧市街から道を1本はさんだあたりの宿に泊まりました。
食べ物が美味しく旧市街が美しく、歩き甲斐のある街です。
塔は徒歩登りで意外と高いので疲れますが眺望はとても素晴らしいです。
ボローニャを起点としていろいろな都市に足を伸ばすというのも一つの手です。

5.まとめ
タロット博物館、満足度は高いです。
系統立てて歴史が学べるわけでも資料がそろっているわけでもありません。
あくまでも一軒家の範疇に収まる所蔵品です。
カードもいろいろありますが、アーティスト作品もかなり多いです。
タロットに影響を受け・タロットモチーフの作品が随所に飾られています。
質問できる人が近くに常にいるため、疑問点の解消はその都度できますが、自由にゆっくり見るという感じではないです。
他に世界遺産や国宝級の美術館博物館が随所にあるイタリア。他に行きたいところがある人にあえておすすめする場所ではないかもしれませんが、自分はまた行きたいと思っています。








2017.10.11 Wednesday ... comments(0) / trackbacks(0)
Comment








Trackback
Trackback URL: http://uranaiyasan.sakurada-ke.com/trackback/972804
<< NEW | TOP | OLD>>